« 白鷺は飛び去りてその白さのみ秋雨と薄霧のうち残りゐるなり | トップページ | 夕暮れの雲と陸との隙間には紅く染まれる空深かりし »

2014年11月 2日

秋といふ季節のかくも長き年は二度となからむ薄の穂揺る


Img_0444今年は本当に特別な年だと思う。きっともう、こんなに長く秋の季節感を楽しめる年はこないだろうという気がする。

秋風に薄の穂が揺れている。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 白鷺は飛び去りてその白さのみ秋雨と薄霧のうち残りゐるなり | トップページ | 夕暮れの雲と陸との隙間には紅く染まれる空深かりし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋といふ季節のかくも長き年は二度となからむ薄の穂揺る:

« 白鷺は飛び去りてその白さのみ秋雨と薄霧のうち残りゐるなり | トップページ | 夕暮れの雲と陸との隙間には紅く染まれる空深かりし »