« 秋といふ季節のかくも長き年は二度となからむ薄の穂揺る | トップページ | 秋晴れの里の土手より北に望む筑波の嶺の際立ちてあり »

2014年11月 3日

夕暮れの雲と陸との隙間には紅く染まれる空深かりし


Img_0450本日は文化の日。晴れの特異日らしくいい天気だったが、夕方、一時的に雲が広がった。そして夕暮れ時を過ぎた頃に、北の空の雲が切れた。

北西に向かって車を走らせると、雲と陸地の間のすき間に、横に広がる紅い夕焼けが見えた。ちょっと不思議な光景だった。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 秋といふ季節のかくも長き年は二度となからむ薄の穂揺る | トップページ | 秋晴れの里の土手より北に望む筑波の嶺の際立ちてあり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕暮れの雲と陸との隙間には紅く染まれる空深かりし:

« 秋といふ季節のかくも長き年は二度となからむ薄の穂揺る | トップページ | 秋晴れの里の土手より北に望む筑波の嶺の際立ちてあり »