« 立冬の日は疾く暮るる夕暮れの過ぎたることも気付かざるほど | トップページ | 街路樹の紅く染まりてこの年の分厚き秋の行くを見守る »

2014年11月 8日

日の射さぬ川の畔にほほけたる薄の穂揺れ冬がまた来る


Img_0478今日は曇りがちで時々霧雨。日が射さず、冷たい風が吹く。さすがに立冬を過ぎたとという気のする天気。

土手の薄の穂もかなりほほけてきて、また冬が来るのだなあと思わせる。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 立冬の日は疾く暮るる夕暮れの過ぎたることも気付かざるほど | トップページ | 街路樹の紅く染まりてこの年の分厚き秋の行くを見守る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日の射さぬ川の畔にほほけたる薄の穂揺れ冬がまた来る:

« 立冬の日は疾く暮るる夕暮れの過ぎたることも気付かざるほど | トップページ | 街路樹の紅く染まりてこの年の分厚き秋の行くを見守る »