« 降る雨に春はまだかと問ふうちに冬模様なる空は過ぎたり | トップページ | 牛久沼ただ垂直に金色の波を映して落つる夕日よ »

2015年2月20日

軽装で自転車をこぐ身にしむる関東平野の夕暮れの風


Img_1409昨年末にスポーツタイプのクロスバイクを買って以来、自転車にこっている。

今日は天気が良く日射しも暖かかったので (昼頃に雨が降ったとは知らなかった)、仕事に自転車ででかけた。しかもウィンド・ブレーカーの下には速乾性の肌着一枚という軽装である。下手に暖かい服を着ると、汗だくになってしまうからだ。

ところが夕方近くになって帰宅する頃には、風を切ってペダルを漕いでいると、寒さの方が勝るほどになった。今の時期は服装調節が難しい。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 降る雨に春はまだかと問ふうちに冬模様なる空は過ぎたり | トップページ | 牛久沼ただ垂直に金色の波を映して落つる夕日よ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軽装で自転車をこぐ身にしむる関東平野の夕暮れの風:

« 降る雨に春はまだかと問ふうちに冬模様なる空は過ぎたり | トップページ | 牛久沼ただ垂直に金色の波を映して落つる夕日よ »