« 明日はまた真冬の寒さ戻るともそもまた春のならひなるらむ | トップページ | 牛久沼の橋の上にて自転車を停めて日暮れの湖面を眺む »

2015年2月13日

うっぷるいといふ不可思議の名の岬の波に洗はれ育ちたる海苔


Img_1372先日の出雲への出張の際にいただいてきた 「十六島海苔」 を食べている。「十六島」 と書いて 「うっぷるい」 と読む岬で採れた岩海苔で、これがまためちゃくちゃ美味い。

厳しい冬の間のみ採れるのだそうで、「うっぷるい」 というアイヌ語じみた地名と相まって、なにかロマンを感じさせる。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 明日はまた真冬の寒さ戻るともそもまた春のならひなるらむ | トップページ | 牛久沼の橋の上にて自転車を停めて日暮れの湖面を眺む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うっぷるいといふ不可思議の名の岬の波に洗はれ育ちたる海苔:

« 明日はまた真冬の寒さ戻るともそもまた春のならひなるらむ | トップページ | 牛久沼の橋の上にて自転車を停めて日暮れの湖面を眺む »