« 春彼岸神田のビジネスホテルより見下ろす路地に昭和の風吹く | トップページ | 三月の寒の戻りの風の中赤き椿の花よく似合ふ »

2015年3月23日

大阪で手づから焼きてソースかけお好み焼きといふものを食ふ


Img_1669 今日は人生初の体験というのをした。お好み焼きというものを、自分で焼いて食ったのである。

大阪への出張で、昼飯にお好み焼き屋に誘われた。私の生まれた山形県というところは、お好み焼き不毛の地で、お好み焼きなんてものを食ったことがなり。上京してからもお好み焼きを食うという発想すらなかった。

たまに関西に出張して、お好み焼き屋に誘われることはあっても、すべて店側が焼いてくれるスタイルの店で食っていた。ところが今回は、自分で焼くすたいるなのだという。

見よう見まねで焼いてみると、ひっくり返すときにバラバラになりかけたが、なんとかまとまり、食ってみると、それなりにおいしい。初体験をなんとかこなしたので、これからはあまり抵抗なくお好み焼きを食せそうだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 春彼岸神田のビジネスホテルより見下ろす路地に昭和の風吹く | トップページ | 三月の寒の戻りの風の中赤き椿の花よく似合ふ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪で手づから焼きてソースかけお好み焼きといふものを食ふ:

« 春彼岸神田のビジネスホテルより見下ろす路地に昭和の風吹く | トップページ | 三月の寒の戻りの風の中赤き椿の花よく似合ふ »