« 十分に明るさ残る天空の風を通して宵月白し | トップページ | 裸なる木々は川面の日に映りいざ芽吹かむと備へゐるなり »

2015年3月 3日

弥生なる寒の戻りの北風に揺るる川面に鴨は浮かべり


Dscn0177またしても寒くなった。三寒四温が激しすぎる。

朝方、我が家の裏を流れる川にカモが集まっていた。あまり近付きすぎるとすぐに逃げてしまうので、望遠の効くコンデジで、草むらに隠れて写した。

川面は強い風を受けて波立っている。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 十分に明るさ残る天空の風を通して宵月白し | トップページ | 裸なる木々は川面の日に映りいざ芽吹かむと備へゐるなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生なる寒の戻りの北風に揺るる川面に鴨は浮かべり:

« 十分に明るさ残る天空の風を通して宵月白し | トップページ | 裸なる木々は川面の日に映りいざ芽吹かむと備へゐるなり »