« 我が庭に春の日射しの降りる頃年ごとに咲く黄のクロッカス | トップページ | 十分に明るさ残る天空の風を通して宵月白し »

2015年3月 1日

春先の慣はしとてか目薬と花粉の力比べさすなり


Img_1495「二月は逃げる」 などと言うがまさにその通りで、あっという間に逃げられてしまい、ふと気付けば三月である。 一月末頃から杉花粉の影響で鼻がグシュグシュしていたが、二月末からついに目に来た。

最近は自転車に乗ることが多いので、花粉がもろに顔に来る。それで目が痒くてたまらなくなる。目薬の世話になりっぱなしだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 我が庭に春の日射しの降りる頃年ごとに咲く黄のクロッカス | トップページ | 十分に明るさ残る天空の風を通して宵月白し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春先の慣はしとてか目薬と花粉の力比べさすなり:

« 我が庭に春の日射しの降りる頃年ごとに咲く黄のクロッカス | トップページ | 十分に明るさ残る天空の風を通して宵月白し »