« この年も相変はらずの遅咲きの梅の蕾の割れかかりたり | トップページ | 黒雲と空の境目見上げゐるショッピングセンターの駐車場の上 »

2015年3月11日

あのなゐより四年は経ちぬ西の地平の赤く染まりて


Img_1573東日本大震災から四年が経った。

水戸方面から車で帰ってきた。寒い日が暮れようとして、西の空が赤く染まり、なぜか三月十一日という日にぴったりの色合いだと思った。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« この年も相変はらずの遅咲きの梅の蕾の割れかかりたり | トップページ | 黒雲と空の境目見上げゐるショッピングセンターの駐車場の上 »

コメント

tak-shonaiさんごきげんよう~
おはようございます~
その
《なゐ》という言葉が特に恐ろしさを感じさせられます。

向こうの空があやしく光っているのがまた
すごく怖いですね。

ああ、私は泣きました。いろいろな画像を見るにつけ・・・

投稿: 朱鷺子 | 2015年3月13日 07時59分

tokiko さん:

車でラジオを聞いているとあの震災の話ばかりで、なぜか感性が非日常的になってしまい、夕焼けの中に自分が飛んでいるような気がしてしまいました。

投稿: tak | 2015年3月13日 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あのなゐより四年は経ちぬ西の地平の赤く染まりて:

« この年も相変はらずの遅咲きの梅の蕾の割れかかりたり | トップページ | 黒雲と空の境目見上げゐるショッピングセンターの駐車場の上 »