« 春先の慣はしとてか目薬と花粉の力比べさすなり | トップページ | 弥生なる寒の戻りの北風に揺るる川面に鴨は浮かべり »

2015年3月 2日

十分に明るさ残る天空の風を通して宵月白し


Img_1498昼過ぎまでは春らしい暖かさだったが、夕方前から急に気温が下がってきた。風の強い空には、宵月が高く白く光っている。

明朝は冷え込むらしい。気象庁が発表したこの冬の気象のまとめによると、十二月と一月は平年より寒く、二月はやや寒さが緩んだが、平均すれば暖冬とはならなかったという。

二月は寒さが緩んだとはいえ、三月になってまた急に冬型の気圧配置が強まったりしているので、油断はできない。いずれにしても、「エルニーニョになったので暖冬」 という単純な図式では推し量れないということのようだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 春先の慣はしとてか目薬と花粉の力比べさすなり | トップページ | 弥生なる寒の戻りの北風に揺るる川面に鴨は浮かべり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十分に明るさ残る天空の風を通して宵月白し:

« 春先の慣はしとてか目薬と花粉の力比べさすなり | トップページ | 弥生なる寒の戻りの北風に揺るる川面に鴨は浮かべり »