« 琉球の空気の中で何事もなく胡蝶蘭育ちゐるなり | トップページ | 川向こう県道沿いの家々に小さき明かり灯る夕暮れ »

2015年4月18日

彼方より渡れる神の分け御霊留まる森に今人も伏す


Img_2191沖縄三日目は、琉球王国で最高の聖地といわれてきた 「斎場御岳 (せーふぁうたき)」 に足を伸ばしてみた。日本語流では「さいばおたけ」 ということなのだろう。

着いてみると、鬱蒼とした緑に蔽われた海岸の小高い山である。いくつかの礼拝所があり、そこは鍾乳洞のように上から石灰の柱が垂れ下がっている。元は鍾乳洞だったらしい。

確かに礼拝に相応しい雰囲気のあるところであり、こちらとしても厳粛な心持ちになった。こうした場所が残っているというのは、貴重なことである。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 琉球の空気の中で何事もなく胡蝶蘭育ちゐるなり | トップページ | 川向こう県道沿いの家々に小さき明かり灯る夕暮れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彼方より渡れる神の分け御霊留まる森に今人も伏す:

« 琉球の空気の中で何事もなく胡蝶蘭育ちゐるなり | トップページ | 川向こう県道沿いの家々に小さき明かり灯る夕暮れ »