« 日暮れまでTシャツ一枚着て過ごす嬉しき頃とこの年もなり | トップページ | 川岸に何千匹の蛙ありて鳴けど静かに宵は更けゆく »

2015年4月27日

夏来たるごとき日射しの土手際に花韮といふ白き一群れ


Img_2289今日は夏になってしまったような日で、夜になっても窓を開けて風を通さないと汗ばんでしまう。

この季節、あちこちの道端や土手際などで見かける花があるが、これまで名前がわからなかった。今日気合いを入れて調べたら、「ハナニラ」 というものだとわかった。

観賞用として輸入されたものが帰化して、一気に広まったらしい。葉っぱがニラのような形をしていて、確かにニラっぽい香りもあるので、こんな名前になったのだろうが、もう少し上品な名前でも、名前負けしないと思うがなあ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 日暮れまでTシャツ一枚着て過ごす嬉しき頃とこの年もなり | トップページ | 川岸に何千匹の蛙ありて鳴けど静かに宵は更けゆく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏来たるごとき日射しの土手際に花韮といふ白き一群れ:

« 日暮れまでTシャツ一枚着て過ごす嬉しき頃とこの年もなり | トップページ | 川岸に何千匹の蛙ありて鳴けど静かに宵は更けゆく »