« 黒雲の夕べとなりて広がれば田の片隅に映る夕焼け | トップページ | 時ならぬ雨風温帯敵気圧に変わりたれども初夏の台風 »

2015年5月11日

金蘭といふ名の花の自生する土手のふもとの値打ちを思ふ


Img_2418我が家の裏の土手際に慎ましく咲いている黄色の花は、「キンラン」 という野草であるらしい。漢字では 「金蘭」 と書く。「金襴緞子」 の 「金襴」 だとご大層すぎるが、「金蘭」 でもやはり名前負けしそうだが、一応蘭の仲間であるらしい。

栽培するのは難しい種類なのだそうだが、自生しているので大切に見守ろう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 黒雲の夕べとなりて広がれば田の片隅に映る夕焼け | トップページ | 時ならぬ雨風温帯敵気圧に変わりたれども初夏の台風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金蘭といふ名の花の自生する土手のふもとの値打ちを思ふ:

« 黒雲の夕べとなりて広がれば田の片隅に映る夕焼け | トップページ | 時ならぬ雨風温帯敵気圧に変わりたれども初夏の台風 »