« 利根川の土手の高さで駅までの線路は空を区切り伸びたり | トップページ | 春の日に赤と白との色合いの滲み出でたる躑躅は咲けり »

2015年5月 2日

藤棚の房の重さを風のみに感じさせつつ揺るる紫


Img_2319我が家に一台ある原付バイクの、オイル交換に行ってきた。4サイクルなので、自前でやるのは難しく、バイク屋さんに乗って行って交換してもらう。

最近は私はもっぱら自転車に乗るので、原付は妻専用みたいなものだが、こういう雑用は私が引き受けている。

バイク屋の近くに藤棚があって、見事に咲いていた。ここまで育てるのはなかなか時間がかかっただろう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 利根川の土手の高さで駅までの線路は空を区切り伸びたり | トップページ | 春の日に赤と白との色合いの滲み出でたる躑躅は咲けり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤棚の房の重さを風のみに感じさせつつ揺るる紫:

« 利根川の土手の高さで駅までの線路は空を区切り伸びたり | トップページ | 春の日に赤と白との色合いの滲み出でたる躑躅は咲けり »