« 紅き薔薇は盛りを過ぎて少年の寝起きの髪の如くなりたり | トップページ | 北の地の手宮に向かう廃線のレールに耳をつけて音聞く »

2015年7月 2日

夕暮れを過ぎて蒲田のアーケードの灯はいつまでも消えず残れり


Img_2949明日の朝早い便で新千歳空港に飛ぶために、蒲田のホテルに前泊している。関東に住み、長く東京を活動拠点としていた私だが、実は蒲田という駅で降りたのは初めての経験だ。

なかなか雑多な雰囲気のある街である。なるほど 『蒲田行進曲』 という作品が生まれたわけだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 紅き薔薇は盛りを過ぎて少年の寝起きの髪の如くなりたり | トップページ | 北の地の手宮に向かう廃線のレールに耳をつけて音聞く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕暮れを過ぎて蒲田のアーケードの灯はいつまでも消えず残れり:

« 紅き薔薇は盛りを過ぎて少年の寝起きの髪の如くなりたり | トップページ | 北の地の手宮に向かう廃線のレールに耳をつけて音聞く »