« 夕暮れを過ぎて蒲田のアーケードの灯はいつまでも消えず残れり | トップページ | ただ二日の不在のうちに夏は進み木槿の花の数は増したり »

2015年7月 3日

北の地の手宮に向かう廃線のレールに耳をつけて音聞く


Img_2975北海道の小樽に来ている。ここには手宮線跡というのがある。廃線となった貨物線のレールが今でも残っているのだ。

廃線のレールというのは、不思議な趣がある。ベンチに座っていつまでも眺めていたくなる。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 夕暮れを過ぎて蒲田のアーケードの灯はいつまでも消えず残れり | トップページ | ただ二日の不在のうちに夏は進み木槿の花の数は増したり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北の地の手宮に向かう廃線のレールに耳をつけて音聞く:

« 夕暮れを過ぎて蒲田のアーケードの灯はいつまでも消えず残れり | トップページ | ただ二日の不在のうちに夏は進み木槿の花の数は増したり »