« ペダル漕ぐ脚の回転真直ぐなる道に延びゆきみどり野となる | トップページ | 必ずやこちら向きにて一斉にすつくと立てる向日葵の花 »

2015年7月12日

見逃せば失ふことのありたりと思ふほどなる見頃の薔薇よ


Img_3027アジサイほどではないが、あちこちでバラが咲いている。バラというのは華やかなものだが、一輪ごとの見頃は案外短くて、すぐにだらりと開きすぎの様相になり、時期にしおれてしまう。

一番見事な時としおれたときの落差が大きいので、一層人生と重ね合わせらえることが多く、「バラ色の生活」 というと落ち目になった時との落差が暗示されたりする。

まあ、なかなか感じるところの大きな花というわけである。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« ペダル漕ぐ脚の回転真直ぐなる道に延びゆきみどり野となる | トップページ | 必ずやこちら向きにて一斉にすつくと立てる向日葵の花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見逃せば失ふことのありたりと思ふほどなる見頃の薔薇よ:

« ペダル漕ぐ脚の回転真直ぐなる道に延びゆきみどり野となる | トップページ | 必ずやこちら向きにて一斉にすつくと立てる向日葵の花 »