« 郡家 (こうげ) とふ駅に停まりて車窓より彼方の山の峠を望む | トップページ | 小糠雨降り続きたる一日も日暮れて道は乾きゐたりき »

2015年10月10日

白鷺といふ名の城の六層の天守閣よりみる四百年


Img_3723鳥取からの帰路、姫路で在来線特急の 「はくと」 から新幹線に乗り換えるので、途中下車して姫路城を見物した。この年まで姫路城に行ったことがないというのは、我ながら 「そりゃ、おかしいだろ!」 と言いたくなったのである。

姫路駅で降りてみると、真正面に見える姫路城まで、広い道が真っ直ぐに続いている。これは迷いようがない。

連休初日とて大変な人出で、天守閣の最上階まで登るのに小一時間かかったが、その分細部までゆっくり見物できた。さすが世界遺産である。スケールが大きいし、歴史の重みも感じさせる。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 郡家 (こうげ) とふ駅に停まりて車窓より彼方の山の峠を望む | トップページ | 小糠雨降り続きたる一日も日暮れて道は乾きゐたりき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白鷺といふ名の城の六層の天守閣よりみる四百年:

« 郡家 (こうげ) とふ駅に停まりて車窓より彼方の山の峠を望む | トップページ | 小糠雨降り続きたる一日も日暮れて道は乾きゐたりき »