« 明日の朝一番列車で鳥取に我は発つなり空は晴れゐる | トップページ | 白鷺といふ名の城の六層の天守閣よりみる四百年 »

2015年10月 9日

郡家 (こうげ) とふ駅に停まりて車窓より彼方の山の峠を望む


Img_3702 鳥取に行く途中、東海道新幹線から新大阪で山陽新幹線のレールスターという四列座席の快適な車両に乗り換え、さらに姫路から姫新鮮というローカル線の特急 「はくと」 に乗り換える。そこから先はどういう経路なのだか詳しくはわからないが、途中で 「郡家 (こうげ)」 という駅に停まる。

この 「郡家」 停車を案内する車内アナウンスを 「次は『峠』、『峠』 に停車します」 と聞き違え、「峠なんて、変わった駅名だなあ」 と思いつつ、駅についても一向に峠らしくないので看板を確かめたら 「郡家」 なのだった。これもまた難読地名である。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 明日の朝一番列車で鳥取に我は発つなり空は晴れゐる | トップページ | 白鷺といふ名の城の六層の天守閣よりみる四百年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郡家 (こうげ) とふ駅に停まりて車窓より彼方の山の峠を望む:

« 明日の朝一番列車で鳥取に我は発つなり空は晴れゐる | トップページ | 白鷺といふ名の城の六層の天守閣よりみる四百年 »