« 晩秋の日毎早まる日没の夕焼けの色薄まりてゆく | トップページ | 黄葉の山並み遙か聳え立つ甲武信の谷に白雪の見ゆ »

2015年11月 2日

山肌に目の高さなる雲かかり流るることもなき中央道


Img_3953甲府に来ている。自宅を二時頃に出発し、中央道を案外順調に走ることができて、五時過ぎにホテルに到着した。

途中、談合坂サービスエリアから北の空をみると、山肌の目の高さに雲が張り付いて、動かない。明日は晴れるようだが、今日は肌寒い。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 晩秋の日毎早まる日没の夕焼けの色薄まりてゆく | トップページ | 黄葉の山並み遙か聳え立つ甲武信の谷に白雪の見ゆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山肌に目の高さなる雲かかり流るることもなき中央道:

« 晩秋の日毎早まる日没の夕焼けの色薄まりてゆく | トップページ | 黄葉の山並み遙か聳え立つ甲武信の谷に白雪の見ゆ »