« 明朝は海に出でんと瀬戸内の海辺の街で眠りにつかむ | トップページ | 尾道に残る昭和と行く昭和平成の世はいかばかりならむ »

2016年2月16日

寒風の雪を引き連れ瀬戸内を吹き抜くる日を海で過ごしぬ


Img_4833夜明け前から起きて、海に出る。写真は出発する港の光景。四国に渡るフェリーが客待ちをしている。

海上は冷たい風が吹き付けて、時折粉雪が舞う天気だった。体の芯まで冷え切ってしまった。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 明朝は海に出でんと瀬戸内の海辺の街で眠りにつかむ | トップページ | 尾道に残る昭和と行く昭和平成の世はいかばかりならむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒風の雪を引き連れ瀬戸内を吹き抜くる日を海で過ごしぬ:

« 明朝は海に出でんと瀬戸内の海辺の街で眠りにつかむ | トップページ | 尾道に残る昭和と行く昭和平成の世はいかばかりならむ »