« 立春を過ぎてなほ日は短くて白雲の腹赤く染まりぬ | トップページ | 回収の古新聞を束ねては世界の重さをぶら下げてみる »

2016年2月10日

空渡る冷たき風を貫きて光の春は地に届きたり


Img_4799今日は窓から外をみる分には十分に春だったが、外に出てみると吹き荒れる風は南風ではなく、木枯らしだった。

光だけが春で、風はまだ冬ということだ。しかし光は十分に春だったから、よしとしよう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 立春を過ぎてなほ日は短くて白雲の腹赤く染まりぬ | トップページ | 回収の古新聞を束ねては世界の重さをぶら下げてみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空渡る冷たき風を貫きて光の春は地に届きたり:

« 立春を過ぎてなほ日は短くて白雲の腹赤く染まりぬ | トップページ | 回収の古新聞を束ねては世界の重さをぶら下げてみる »