« 空港に向かふ道より振り返り見る大山は小雨に煙る | トップページ | 一画を三重の塔に明け渡し風を渡せる彼岸の夜空 »

2016年3月19日

春彼岸天然酵母のパン生地の餅思はする艶の増したり


Img_5168本日の写真は、我が家で作っている天然酵母パンの生地である。三十年以上私が 「こね」 を担当している。一度に二キロの小麦粉をこねるので、世のママたちがちょこちょこっと菓子パンをこねるよりは、ずっと力が要る。

彼岸に入って、最近は少しずつ暖かくなってきたので、放っておいても発酵が促進されるようになった。明日の焼き上がりが楽しみである。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 空港に向かふ道より振り返り見る大山は小雨に煙る | トップページ | 一画を三重の塔に明け渡し風を渡せる彼岸の夜空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春彼岸天然酵母のパン生地の餅思はする艶の増したり:

« 空港に向かふ道より振り返り見る大山は小雨に煙る | トップページ | 一画を三重の塔に明け渡し風を渡せる彼岸の夜空 »