« 土手草の緑の色の濃くなりて背丈も伸びて彼岸過ぎゆく | トップページ | 寒の戻り日暮れの街のショッピングセンターは玩具箱のごとくに »

2016年3月24日

彼岸過ぎ寒は幾度も戻り来て花の咲くまで風は冷たし


Img_5193今日はひたすらデスクワークで忙しくしているうちに、あっという間に日が暮れた。気温は朝から下がる一方のようで、昼過ぎはとくに寒く感じた。

毎年思うのだが、「暑さ寒さも彼岸まで」 というのは真っ赤なウソで、彼岸が過ぎての寒の戻りはいくらでもある。いこのあたりは桜が咲くには早すぎて、この寒さでは咲いても長持ちしそうだ。

写真は我が家の蕎麦の街頭。暗くなると自動で点灯する。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 土手草の緑の色の濃くなりて背丈も伸びて彼岸過ぎゆく | トップページ | 寒の戻り日暮れの街のショッピングセンターは玩具箱のごとくに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸過ぎ寒は幾度も戻り来て花の咲くまで風は冷たし:

« 土手草の緑の色の濃くなりて背丈も伸びて彼岸過ぎゆく | トップページ | 寒の戻り日暮れの街のショッピングセンターは玩具箱のごとくに »