« 暖かき彼岸となりて機嫌良く天然酵母は働き給ふ | トップページ | 土手草の緑の色の濃くなりて背丈も伸びて彼岸過ぎゆく »

2016年3月22日

夕暮れの工場跡の建物を彼岸の明けぬ風は吹き抜く


Img_5186今日はとてもよく晴れた。一日中冷たい風が吹いたせいで、晴れた割に暖かくは感じなかったが、その代わり、日暮れまで景色がぼやけずにすっきりと見えた。

写真は、車で帰る途中に見かけた工場らしき建物。ただ、入り口から向こう側が素通しのままで開きっぱなしなので、稼働しているようにも思われない。軽く廃墟っぽい雰囲気の漂う光景だった。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 暖かき彼岸となりて機嫌良く天然酵母は働き給ふ | トップページ | 土手草の緑の色の濃くなりて背丈も伸びて彼岸過ぎゆく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕暮れの工場跡の建物を彼岸の明けぬ風は吹き抜く:

« 暖かき彼岸となりて機嫌良く天然酵母は働き給ふ | トップページ | 土手草の緑の色の濃くなりて背丈も伸びて彼岸過ぎゆく »