« 宵となりこの春風の寒風に変わらぬうちに橋を渡らむ | トップページ | 遅咲きの赤き蕾のほころびて白梅として咲き始めたり »

2016年3月 4日

渋滞に埋もれ見上ぐるものはただ高層ビルの窓の灯火


Img_5032宵の口の帰宅ラッシュで、水戸の街は渋滞である。早く帰りたいのだが、なかなか動かない。

近頃疲労が溜まり気味なので、ちょっといらっとしてしまうのだが、意識的に心を落ち着かせてしのぎ、なんとか帰って来た。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 宵となりこの春風の寒風に変わらぬうちに橋を渡らむ | トップページ | 遅咲きの赤き蕾のほころびて白梅として咲き始めたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渋滞に埋もれ見上ぐるものはただ高層ビルの窓の灯火:

« 宵となりこの春風の寒風に変わらぬうちに橋を渡らむ | トップページ | 遅咲きの赤き蕾のほころびて白梅として咲き始めたり »