« 立ち枯れの葦の中にも木々の枝は萌ゆる緑をまとひ初めにき | トップページ | 春嵐といふ二文字を電脳に覚えさせたる四月馬鹿の日 »

2016年3月31日

桜よりやや赤味勝つ色をして木瓜は咲きゐる川を見下ろし


Img_5244裏の土手を散歩すると、土手の内側、つまり川に面した斜面に桜らしき花が咲いている。しかしこの土手に桜が咲いていたことなんて今までなかったし、どうも花の色が桜とは違う気がする。近寄ってよく見ると、花が桜よりも少しだけ大きいようにも思う。

帰宅して調べてみると、ボケが一番近いような気がするが、どうも確信が持てない。さて、一体何の花だろう。

とりあえずボケということにして、歌を詠んでみた。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 立ち枯れの葦の中にも木々の枝は萌ゆる緑をまとひ初めにき | トップページ | 春嵐といふ二文字を電脳に覚えさせたる四月馬鹿の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜よりやや赤味勝つ色をして木瓜は咲きゐる川を見下ろし:

« 立ち枯れの葦の中にも木々の枝は萌ゆる緑をまとひ初めにき | トップページ | 春嵐といふ二文字を電脳に覚えさせたる四月馬鹿の日 »