« 宍道湖の彼岸に夕日落ちたれど思ひのほかに長き残照 | トップページ | 春彼岸天然酵母のパン生地の餅思はする艶の増したり »

2016年3月18日

空港に向かふ道より振り返り見る大山は小雨に煙る


Img_5164松江での仕事を終えて、また米子空港から飛行機に乗って帰って来た。天気は前日とは打って変わって、昼前から時折小雨が降り始めた。まあ、仕事は終わったし、傘をさすほどの降りでもなかったが。

写真は米子空港駅から空港に歩く途中で写したもの。この時も小雨が降っていたが、通路には屋根がかかっていたので濡れずに済んだ。

遠くに見える雪を戴いた山は、大山だと思う。なかなか立派な山容だ。このような空の下でみると趣があるように見えるのは、山陰路の山だからだろうか。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 宍道湖の彼岸に夕日落ちたれど思ひのほかに長き残照 | トップページ | 春彼岸天然酵母のパン生地の餅思はする艶の増したり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空港に向かふ道より振り返り見る大山は小雨に煙る:

« 宍道湖の彼岸に夕日落ちたれど思ひのほかに長き残照 | トップページ | 春彼岸天然酵母のパン生地の餅思はする艶の増したり »