« 打ち寄する波に海の香せぬことを不思議と思ふ大津の湖畔 | トップページ | 日本海側の食材で我が体奥の部分はできたりとみゆ »

2016年4月16日

揺れてゐることが常なる気もすなる肥後の人らのために祈らむ


Img_5368今日未明、熊本で 「本震」 というのが起きてさらに大きな被害が発生してしまった。避難所で不安な夜を過ごす人も多い。

つくばの地は嘘のように平穏に暮れた。4月中旬は、5年前の東日本大震災の後は、まだまだしょっちゅう余震があった時期である。揺れていない時間より、揺れている時間の方が長いような気がしていた。

あの時のような不安な気持ちで過ごす人が、今は九州に集中している。この人たちのために祈る。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 打ち寄する波に海の香せぬことを不思議と思ふ大津の湖畔 | トップページ | 日本海側の食材で我が体奥の部分はできたりとみゆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 揺れてゐることが常なる気もすなる肥後の人らのために祈らむ:

« 打ち寄する波に海の香せぬことを不思議と思ふ大津の湖畔 | トップページ | 日本海側の食材で我が体奥の部分はできたりとみゆ »