« 揺れてゐることが常なる気もすなる肥後の人らのために祈らむ | トップページ | 十二年前のなゐにて揺れし地を鎮めるごとく片栗は咲く »

2016年4月17日

日本海側の食材で我が体奥の部分はできたりとみゆ


Img_5376新潟の長岡に来ている。今日の晩飯は、野菜天丼と盛りそばのセットを食った。かなり歩いてお腹が空いていたので、近頃としてはヘビーな夕食である。

東北日本海側の生まれなので、先日の松江の時にしてもそうだが、食べる者が体に合っているような気がする。おいしく感じるのだ。

私の体の根っこの部分は、日本海側の食べ物でできたのかもしれない。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 揺れてゐることが常なる気もすなる肥後の人らのために祈らむ | トップページ | 十二年前のなゐにて揺れし地を鎮めるごとく片栗は咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本海側の食材で我が体奥の部分はできたりとみゆ:

« 揺れてゐることが常なる気もすなる肥後の人らのために祈らむ | トップページ | 十二年前のなゐにて揺れし地を鎮めるごとく片栗は咲く »