« 山肌の木々の梢は雨を吸ひその一滴を小径に落とす | トップページ | 厚岸の街と厚岸湾を包む霧の彼方にオホーツクあり »

2016年5月30日

この国の西南の端より北東の端に渡りて寒さに震ふ


Img_5748_2昨日の夕方まで九州にいて、今日は朝に東京を発って釧路に来ている。釧路は昨日まではまだ暖かかったらしいが、今日は冬に逆戻りの寒さだ。

九州は暖かかったので、まさに夏から冬に戻った気分である。写真は釧路湿原の湖。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 山肌の木々の梢は雨を吸ひその一滴を小径に落とす | トップページ | 厚岸の街と厚岸湾を包む霧の彼方にオホーツクあり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この国の西南の端より北東の端に渡りて寒さに震ふ:

« 山肌の木々の梢は雨を吸ひその一滴を小径に落とす | トップページ | 厚岸の街と厚岸湾を包む霧の彼方にオホーツクあり »