« 千年の都の鋭く暑き日に穏やかに熱きにしん蕎麦食ふ | トップページ | 関東の湿り気吸ひて届きたる新聞を読み浮世に戻る »

2016年8月19日

千年の都の空気吸ひたるはわずか五日の瞬く間なり


Img_6512

五日間滞在した京都に別れを告げて、夜になって板東の地に戻った。台風の影響なのか、夜空に雨が舞っている。

写真は京都駅。

|

« 千年の都の鋭く暑き日に穏やかに熱きにしん蕎麦食ふ | トップページ | 関東の湿り気吸ひて届きたる新聞を読み浮世に戻る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千年の都の空気吸ひたるはわずか五日の瞬く間なり:

« 千年の都の鋭く暑き日に穏やかに熱きにしん蕎麦食ふ | トップページ | 関東の湿り気吸ひて届きたる新聞を読み浮世に戻る »