« 暮れて行く空に世界で一本の電信柱ただ立ちてあり | トップページ | 悠久といふもの云ひの腹の底にすとんと落つる斑鳩にあり »

2016年8月15日

蝉の鳴く大原の地は鳴く蝉の声に埋もれて動かざるなり


Img_6490

京都にいる。朝に着いて夜までは自由な時間なので、どこに行こうかと思ったが、結局大原に足を伸ばした。夏の京都のど真ん中は暑すぎるので、洛北の比叡山、貴船・鞍馬、大原を選ぶことになるが、比叡山は今月初めに行ったばかりなので、貴船・鞍馬か大原のどちらかということになり、そうなると、大原の方が私は好きなのだ。

写真は宝泉院の額縁のごとき風景。

|

« 暮れて行く空に世界で一本の電信柱ただ立ちてあり | トップページ | 悠久といふもの云ひの腹の底にすとんと落つる斑鳩にあり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蝉の鳴く大原の地は鳴く蝉の声に埋もれて動かざるなり:

« 暮れて行く空に世界で一本の電信柱ただ立ちてあり | トップページ | 悠久といふもの云ひの腹の底にすとんと落つる斑鳩にあり »