« 我が宿の裏を流るる川面には秋思はするさざ波の立つ | トップページ | 蝉の鳴く大原の地は鳴く蝉の声に埋もれて動かざるなり »

2016年8月14日

暮れて行く空に世界で一本の電信柱ただ立ちてあり


Img_6466

今日も案外過ごしやすい一日だった。気温が三十度にもなっているのに 「過ごしやすい」 などというのは何となく悔しい気もするが、三十五度超を経験してしまうと、三十度は楽である。

暮れて行く空に電信柱のシルエットが浮き上がる。

|

« 我が宿の裏を流るる川面には秋思はするさざ波の立つ | トップページ | 蝉の鳴く大原の地は鳴く蝉の声に埋もれて動かざるなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暮れて行く空に世界で一本の電信柱ただ立ちてあり:

« 我が宿の裏を流るる川面には秋思はするさざ波の立つ | トップページ | 蝉の鳴く大原の地は鳴く蝉の声に埋もれて動かざるなり »