« 石垣と濠のみ残る城跡の水面に長く移る街の灯 | トップページ | 台風の風と雨との勢ひは時折休みそして強まる »

2016年9月19日

野分より伸び来る雲の間隙を突きて自転車漕ぎ帰りたり


Img_6743

北陸方面への出張から帰ってきた。二日目は夜までに帰ってくればいいので、永平寺か金沢に立ち寄って帰ろうかと思っていたが、あいにく三連休のため午後の便は満席とわかり、朝の早いうちの便で帰って来た。

「午後の便は台風の影響で遅れが出ることもあるだろうから、まあいいか」 と思っていたが、後で調べても北陸新幹線は通常運行で済んだようだ。これなら早めに午後の便を予約しておくんだった。

とはいえ、守谷駅からの帰りも雨に降られず自転車で帰って来ることができたのはありがたい。写真は途中の小貝川の風景である。

|

« 石垣と濠のみ残る城跡の水面に長く移る街の灯 | トップページ | 台風の風と雨との勢ひは時折休みそして強まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野分より伸び来る雲の間隙を突きて自転車漕ぎ帰りたり:

« 石垣と濠のみ残る城跡の水面に長く移る街の灯 | トップページ | 台風の風と雨との勢ひは時折休みそして強まる »