« 頃合いの気温と湿度に恵まれて天然酵母のパンこね上がる | トップページ | 待ちゐたる雲居の切れ間巡り来て一夜遅れの名月を見る »

2016年9月15日

夕暮れのブレーキランプの眩しさで彼岸近付きつつあると知る


Img_6708

ずいぶん日が短くなったものだ。近所のショッピングセンターの駐車場で、午後五時半を過ぎると、ブレーキランプが眩しく感じられる。そして六時半を過ぎるとずいぶん暗くなる。

もうすぐ秋の彼岸になるが、それを過ぎると 「秋の日はつるべ落とし」 を実感するようになる。

|

« 頃合いの気温と湿度に恵まれて天然酵母のパンこね上がる | トップページ | 待ちゐたる雲居の切れ間巡り来て一夜遅れの名月を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕暮れのブレーキランプの眩しさで彼岸近付きつつあると知る:

« 頃合いの気温と湿度に恵まれて天然酵母のパンこね上がる | トップページ | 待ちゐたる雲居の切れ間巡り来て一夜遅れの名月を見る »