« 水しぶき上げて彼岸の日にかかる秋雨前線の下潜り行く | トップページ | 生けられし花瓶の上で白百合の花はだらりと俯きにけり »

2016年9月23日

雨不足日照不足に耐え来たり花の終はりに近づく木槿


Img_6779

初夏の頃から秋が深まる頃まで延々と咲き続けるムクゲが、ようやく終わりに近付く風情を見せている。今年は花の数が少ないような気がするが、それは真夏の間は雨が少なく日射しが強すぎたことと、秋になってからは逆に雨ばかりで日照不足のせいなのだろうと思う。

それでも、なんとかしっかり咲き続けているのは、なかなか健気な姿である。

|

« 水しぶき上げて彼岸の日にかかる秋雨前線の下潜り行く | トップページ | 生けられし花瓶の上で白百合の花はだらりと俯きにけり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨不足日照不足に耐え来たり花の終はりに近づく木槿:

« 水しぶき上げて彼岸の日にかかる秋雨前線の下潜り行く | トップページ | 生けられし花瓶の上で白百合の花はだらりと俯きにけり »