« 空と山と草地に牛の見ゆるほか何もなきこそ清々しき地よ | トップページ | 花も葉も散らせ尽くして桜木は見えざる華を内に宿すか »

2016年10月23日

ひむがしの日射しを浴びて不規則に稜線伸びる南アルプス


Img_7062

清里近くのペンションの窓から見た、朝の南アルプスの峰々である。

昨日までの天気予報では一日中曇りのはずだったが、案外きれいな青空が見えたのは嬉しい。

|

« 空と山と草地に牛の見ゆるほか何もなきこそ清々しき地よ | トップページ | 花も葉も散らせ尽くして桜木は見えざる華を内に宿すか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひむがしの日射しを浴びて不規則に稜線伸びる南アルプス:

« 空と山と草地に牛の見ゆるほか何もなきこそ清々しき地よ | トップページ | 花も葉も散らせ尽くして桜木は見えざる華を内に宿すか »