« 遙かなる能登の七尾の山鉾に伊勢諏訪そして都を重ぬ | トップページ | 孫の手のゴルフボールの付きたるを使ひて腰を叩く一日 »

2017年2月21日

一夜明け能登の七尾の家々の屋根に真白き雪の降り積む


170221w

昨夜は七尾のホテルに泊まったのだが、夜が更けて窓にパチパチと何かが当たる音がする。何かと思ったら、雪なのだった。一度解けかけた雪がまた凍ったようで、霰に近い状態になって窓に当たっている。

夜が明けてカーテンを開いてみると、家々の屋根に白い雪がうっすらと積もっていた。今日は一日寒風に吹かれた。

|

« 遙かなる能登の七尾の山鉾に伊勢諏訪そして都を重ぬ | トップページ | 孫の手のゴルフボールの付きたるを使ひて腰を叩く一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一夜明け能登の七尾の家々の屋根に真白き雪の降り積む:

« 遙かなる能登の七尾の山鉾に伊勢諏訪そして都を重ぬ | トップページ | 孫の手のゴルフボールの付きたるを使ひて腰を叩く一日 »