« みぞれ降る空を見上げて思ひたり日の射すことはありがたきもの | トップページ | 建国の記念の日暮れ信号を待ちゐる西に夕焼け紅し »

2017年2月10日

強風に煽られてみる筑波嶺の鮮やかすぎる輪郭青し


170210w2

近頃、本当に毎日強風である。今日は十キロほど先に自転車で出かけたのだが、行きは完全な向かい風で、ペダルを漕いでも前に進まないような感覚だった。

その代わり、帰りはほとんど追い風で、とくに進行方向がちょうどまったくの追い風になると、体感的には無風状態になった。スピードメーターは時速三十キロを表示しているのに、風切り音も聞こえず、まるで真空状態の中を進んでいるような不思議な感覚だった。

写真は筑波山。風が強いので輪郭がやたらはっきりと見える。

|

« みぞれ降る空を見上げて思ひたり日の射すことはありがたきもの | トップページ | 建国の記念の日暮れ信号を待ちゐる西に夕焼け紅し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 強風に煽られてみる筑波嶺の鮮やかすぎる輪郭青し:

« みぞれ降る空を見上げて思ひたり日の射すことはありがたきもの | トップページ | 建国の記念の日暮れ信号を待ちゐる西に夕焼け紅し »