« まどろみの覚めて眺むる車窓には真白き雪と青き空あり | トップページ | 雨水なる寒の戻りの黒雲の彼方に途切れ紅き日沈む »

2017年2月17日

朝雨に降られて鈍く光りゐる路地に沿ひたるトタン葺き屋根


170217w

広島駅近くのビジネスホテルに泊まり、今朝目を覚ますと雨が降っていた。出張先で雨が降るというのは、晴れ男の私にとってはとても珍しいことである。部屋の窓から見下ろす路地に沿った小さな店の屋根の連なりが、雨に濡れて鈍く光っている。

ただ、その雨も午前中で上がり、午後は晴れたので、問題なく仕事が運んだ。

|

« まどろみの覚めて眺むる車窓には真白き雪と青き空あり | トップページ | 雨水なる寒の戻りの黒雲の彼方に途切れ紅き日沈む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝雨に降られて鈍く光りゐる路地に沿ひたるトタン葺き屋根:

« まどろみの覚めて眺むる車窓には真白き雪と青き空あり | トップページ | 雨水なる寒の戻りの黒雲の彼方に途切れ紅き日沈む »