« 孫の手のゴルフボールの付きたるを使ひて腰を叩く一日 | トップページ | 愛宕山一月経てば山腹に霞みのごとき桜咲くらむ »

2017年2月23日

春風と木枯らしのなす縞模様空一面の広がりてあり


170223w_2

天候がやたら不順だ。そうでなくても二月下旬から三月にかけては、季節の変わり目で極端な推移をしがちなのだが、「春二番、三番」 みたいな南からの突風が吹いたと思えば、いきなり北からの風が流れ込んで冷え込んだりする。

今日の昼頃はそんな天気で、割と暖かい朝だと思っていたところに、急に冷たい北風が吹いてきて、昼を過ぎた頃が、夜明けより寒かった。油断のならない陽気である。

|

« 孫の手のゴルフボールの付きたるを使ひて腰を叩く一日 | トップページ | 愛宕山一月経てば山腹に霞みのごとき桜咲くらむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春風と木枯らしのなす縞模様空一面の広がりてあり:

« 孫の手のゴルフボールの付きたるを使ひて腰を叩く一日 | トップページ | 愛宕山一月経てば山腹に霞みのごとき桜咲くらむ »