« 木枯らしの吹き収まれば西空に夕焼け雲の浮かび流れず | トップページ | 確実に春になりたる空の色冷たき風は忘れよといふ »

2017年2月13日

青空に聳ゆる高層ビルを見て我が身と縁のなきを喜ぶ


170213w

先週に引き続き、都心に出かける。十年前までは一時間半以上かけて毎日都心に通勤し、数年前までも週に三日は都心で仕事をしていたのが信じられないほど、メトロポリスとは縁遠い生活になってしまった。

虎ノ門の高層ビルを眺めても、「あんなところで仕事するのは嫌だなあ」 と思う自分がいる。

|

« 木枯らしの吹き収まれば西空に夕焼け雲の浮かび流れず | トップページ | 確実に春になりたる空の色冷たき風は忘れよといふ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青空に聳ゆる高層ビルを見て我が身と縁のなきを喜ぶ:

« 木枯らしの吹き収まれば西空に夕焼け雲の浮かび流れず | トップページ | 確実に春になりたる空の色冷たき風は忘れよといふ »