« 薄雲の切れたる彼方夕陽受け北関東に厚き雲湧く | トップページ | そうめんをすすりて暑き日を過ごし明日の野分の雨を待つなり »

2017年9月14日

何処より飛び来て何処に消え去るか椿象の髭風に揺れゐる


170914w

外出先からクルマで帰宅したら、ボンネットにカメムシらしき虫がへばりついていた。一体どこからくっついてきたのだろう。

カメムシは 「椿象」 とも表記されるが、悪臭を発するので 「ヘッピリムシ」 とも言われる。そのままに放っているうちに、どこかに飛び去ってくれたようだ。

|

« 薄雲の切れたる彼方夕陽受け北関東に厚き雲湧く | トップページ | そうめんをすすりて暑き日を過ごし明日の野分の雨を待つなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何処より飛び来て何処に消え去るか椿象の髭風に揺れゐる:

« 薄雲の切れたる彼方夕陽受け北関東に厚き雲湧く | トップページ | そうめんをすすりて暑き日を過ごし明日の野分の雨を待つなり »