« 雪解けて赤き夕陽のこの街に目には見えねど花粉舞ふらし | トップページ | 八戸の駅より西にたおやかに八甲田の山は雪を戴く »

2018年1月30日

みちのくの八戸の夜の暗き底に解け残りたる白雪を踏む


180130w

今回は青森県の八戸に出張。八時半過ぎに本八戸の駅に着いた。この街は三回目だが、真冬に来たのは初めてだ。

駅前はきれいに除雪してあるが、裏通りはツルツルに滑りやすい状態のままになっているところもあり、油断がならない。

|

« 雪解けて赤き夕陽のこの街に目には見えねど花粉舞ふらし | トップページ | 八戸の駅より西にたおやかに八甲田の山は雪を戴く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みちのくの八戸の夜の暗き底に解け残りたる白雪を踏む:

« 雪解けて赤き夕陽のこの街に目には見えねど花粉舞ふらし | トップページ | 八戸の駅より西にたおやかに八甲田の山は雪を戴く »