« 光のみ春めく朝の川土手を霜は一面染めてゐるなり | トップページ | 田の土は赤みを増しておとなしく水の引かるる日を待ち望む »

2018年2月25日

名のみなる春と思ひてゐたりしが菜の花の咲く頃となりけり


180225w

知らぬ間に菜の花が咲いていた。

|

« 光のみ春めく朝の川土手を霜は一面染めてゐるなり | トップページ | 田の土は赤みを増しておとなしく水の引かるる日を待ち望む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名のみなる春と思ひてゐたりしが菜の花の咲く頃となりけり:

« 光のみ春めく朝の川土手を霜は一面染めてゐるなり | トップページ | 田の土は赤みを増しておとなしく水の引かるる日を待ち望む »