« 校庭の上に広がる白雲が立春の過ぎの風吹き降ろす | トップページ | 真白きに青き陰影幾筋も刻める富士は風別けて立つ »

2018年2月16日

宵闇にことさら白く浮かびゐて白鷺城の屋根は重なる


180216w

姫路駅で降りると、姫路城が光の中に白く浮かんでいた。

|

« 校庭の上に広がる白雲が立春の過ぎの風吹き降ろす | トップページ | 真白きに青き陰影幾筋も刻める富士は風別けて立つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宵闇にことさら白く浮かびゐて白鷺城の屋根は重なる:

« 校庭の上に広がる白雲が立春の過ぎの風吹き降ろす | トップページ | 真白きに青き陰影幾筋も刻める富士は風別けて立つ »