« 宵闇にことさら白く浮かびゐて白鷺城の屋根は重なる | トップページ | 木枯らしの吹き抜く夜の光景はモダン墨絵と呼びたくもなり »

2018年2月17日

真白きに青き陰影幾筋も刻める富士は風別けて立つ


180217w

今日は兵庫県からの帰り道、新幹線の車内から見事な富士山の写真が撮れた。富士山はやっぱりこのくらい雪を戴いている姿がいい。おまけに手前に茶畑が映って、なかなかオツな構図になった。

いつもいつもこんなに見事な富士山が撮れるわけじゃないが、冬は空気が乾燥して風の強い日が多いので、狙い目である。

|

« 宵闇にことさら白く浮かびゐて白鷺城の屋根は重なる | トップページ | 木枯らしの吹き抜く夜の光景はモダン墨絵と呼びたくもなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真白きに青き陰影幾筋も刻める富士は風別けて立つ:

« 宵闇にことさら白く浮かびゐて白鷺城の屋根は重なる | トップページ | 木枯らしの吹き抜く夜の光景はモダン墨絵と呼びたくもなり »