« 日の沈む彼方よりくる黒雲の大利根越えて広がるを見る | トップページ | 雑踏の西の彼方の夕焼けに思ひがけなき富士の影見ゆ »

2018年2月 6日

束の間の温もり来たす青空を我が身の芯に焼き付けおかむ


180206w

日が落ちてからは深々と冷えてきたが、日中は福井など、大雪に見舞われている地方の方には申し訳ないほどに、春を感じさせる陽気だった。

これからも何度も寒さがぶり返すだろうが、だんだんと春らしくなるだろう。そして最近の常として、ある日突然夏になってしまう。

|

« 日の沈む彼方よりくる黒雲の大利根越えて広がるを見る | トップページ | 雑踏の西の彼方の夕焼けに思ひがけなき富士の影見ゆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 束の間の温もり来たす青空を我が身の芯に焼き付けおかむ:

« 日の沈む彼方よりくる黒雲の大利根越えて広がるを見る | トップページ | 雑踏の西の彼方の夕焼けに思ひがけなき富士の影見ゆ »