« 大和なる道に沿ひたる池のうち金魚の赤き姿ぞ見ゆる | トップページ | 満月の桜の上に高々とありて薄暮の春彼岸過ぎ »

2018年3月29日

弥生なる京の烏丸七条の桜は盛り過ぎてありたり


180329w

奈良の旅から帰ってきた。帰りにちょっとだけ京都に寄り、東本願寺に参拝した。寺の前の桜は少し盛りを過ぎていたようだ。

|

« 大和なる道に沿ひたる池のうち金魚の赤き姿ぞ見ゆる | トップページ | 満月の桜の上に高々とありて薄暮の春彼岸過ぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生なる京の烏丸七条の桜は盛り過ぎてありたり:

« 大和なる道に沿ひたる池のうち金魚の赤き姿ぞ見ゆる | トップページ | 満月の桜の上に高々とありて薄暮の春彼岸過ぎ »